渉外戸籍 ー 失踪宣告

失踪 日本の法律では、人が行方不明となりその生死が判らず一定期間経過した場合、利害関係人の請求により、家庭裁判所は失踪の宣告をすることができ、死亡したものとして扱う「失踪宣告」の制度があります。 この制度は、生死が長い間不明であると、その人の財産上・身分上の関係が不安定な状態になるので、死亡したものとして扱い、その法律関係を確定するもので、失踪の態様により「普通失踪」と「特別失踪」があります。

失踪宣告の種類

普通失踪・・・住所又は居所を去って7年間その生死が判らない場合

特別失踪・・・戦地へ行ったり、船が沈没するなどしたとき、戦争が終わった後、船が沈没した後、1年間生死が判らない場合

失踪宣告の要件

実質的要件
① 生死が不明であること
② 生死不明の状態が、普通失踪は7年間、特別失踪は1年間継続すること
③ 利害関係人の請求があること
④ 普通失踪は6ヶ月以上、特別失踪は2ヶ月以上公示催告すること
※利害関係人とは、法律上の利害関係を有する人たちで、失踪人の配偶者や両親、受遺者(死亡したら財産をもらう約束をしている人など)、保険金受取人などです。

形式的要件
家庭裁判所の失踪宣告の審判書の謄本及び審判確定証明書を添付して、失踪宣告の審判を申立てした者が市区町村へ届出ます。 届出により、失踪宣告を受けた者の戸籍の身分事項欄にその旨記載され、配偶者がある場合は、配偶者の身分事項欄に婚姻解消事項が記載されます。

失踪宣告の審判申立て

 生死不明の状態が普通失踪は7年間、特別失踪は1年間継続している場合は、失踪宣告の審判申立をします。 手続は、申立書に申立人・不在者の戸籍全部事項証明書、失踪を証明する資料、申立人の利害関係を証明する資料を添付して、不在者の住所地の家庭裁判所、不在者の住所が日本にない又は住所が不明のときは、不在者の居所地や最後の住所地の家庭裁判所に申立てます。 家庭裁判所は、不在者の調査を行い、家庭裁判所の掲示板及び官報に公示し、生存の届出がなく普通失踪は6ヶ月、特別失踪は2ヶ月以上経過した場合失踪宣告をします。

失踪宣告の効果

 失踪宣告の審判が確定すると、失踪宣告の審判確定の日から10日以内に、失踪宣告の審判書謄本と失踪宣告審判確定証明書を添付して、失踪宣告を受けた人の本籍地又は届出人(失踪宣告の申立人)の所在地の市区町村長へ失踪届をします。
失踪宣告を受けた人は、7年の失踪期間満了時に死亡した者とみなされる為、失踪者について相続が開始され、配偶者がある場合は婚姻が解消され、生存配偶者は復氏の届出により旧姓に戻ることができます。 よって、失踪者の配偶者は失踪者の財産を相続し、再婚することが可能となります。

失踪宣告の取消

 失踪宣告と似た制度で「認定死亡」というのがあります。 これは大規模な災害や事故があったとき「死亡は確実だが、死体の確認ができない」という場合に、官公署による死亡の認定に基づき、職権により戸籍に死亡の旨記載される戸籍法上の制度です。 しかし、「失踪宣告」は、生死が不明な場合にされるものなので、「死亡したものとして扱う」のであって、その生存が確認されれば、家庭裁判所は、本人又は利害関係人の請求により、失踪宣告を取り消さなければなりません。

失踪宣告に関する国際私法

 日本に在住する外国人や外国に住む日本人が行方不明や生死不明の状態にある場合には、どこの国の裁判所が失踪宣告をするのかが問題となります。

■国際私法では、原則として「不在者が生存していたと認められる最後の時点で、不在者が日本に住所を有していたとき又は日本の国籍を有していたときは、日本の法律により失踪の宣告をすることができる。」としています。 つまり、日本に在住する外国人、外国に在住する日本人については、日本の法律に基づき失踪宣告ができるということです。 また、外国人の本国において、日本の裁判管轄権が認められなくても「不在者の財産が日本にあるときはその財産についてのみ、不在者に関する法律関係が日本に関係があるときは、その法律関係についてのみ日本の法律により失踪宣告をすることができる。」としています。

日本に在住する外国人が行方不明の場合

日本に在住する外国人についての失踪宣告は、日本にある外国人の財産上の法律関係を確定する場合や日本人との婚姻関係を解消しようとする場合などは、利害関係者から日本の家庭裁判所に対して失踪の宣告を申立てることができます。

外国人に対し失踪宣告された場合、審判を申立てた者は、裁判確定の日から10日以内に、失踪宣告の審判書の謄本及び確定証明書を添付して市区町村長へ届出しなければなりません。

行方不明の外国人に日本に住む日本人配偶者がある場合は、日本の法律に基づき婚姻関係は解消され、届出により日本人配偶者の戸籍の身分事項欄に婚姻解消の旨記載されます。

このページの先頭へ戻る